本文へスキップ

石川県柳田星の観察館「満天星」

お問い合わせはTEL.0768-76-0101

アクセス よくあるご質問

星空のご案内

今月の月のようすや天体観望会で見やすい天体、これから注目の天文現象をご紹介します。

今月の星空

今月に見やすい星と星座たちです。画像をクリックすると大きくなります。
今月の星空(満天) 今月の星空(月明かり)









      満天の星空       街明かりや月明かりがある時の星空

今月のお月さま

月のかたち

日にち 月のかたち
1月 7日 満月
1月15日 下弦の月
1月22日 新月
1月29日 上弦の月
2月 6日 満月
2月14日 下弦の月
2月20日 新月
2月27日 上弦の月

望遠鏡で月が見たいとき

満天星の望遠鏡では、月のクレーターまではっきり見えます。
オススメ日:
  1月1日〜8日、1月26日〜2月6日
  

満天の星空が見たいとき

観望会で満天の星が見たいときは、月明かりがない日に参加しましょう。
オススメの日:
  1月10日〜24日


見ごろの天体(2023年1月)

天体名 説明
ベテルギウス オリオン座にあるオレンジ色の一等星です。太陽の直径の約700倍もあるお年寄りの星「赤色巨星」です。
火星 地球の1つ外側を回る惑星です。2022年12月1日に地球に最接近しました。1,2月はまだまだ明るく輝いています。
すばる/
プレアデス星団
おうし座にある星の集まり「散開星団」です。車の会社名や清少納言の枕草子でも有名です。
オリオン大星雲M45 オリオン座にあるガスの集まりです。ここではガスが重力で集まり、星が誕生しています。
望遠鏡でのぞくと月のクレーターまではっきり見えます。(満月の日はクレーターは見えにくいです)
月が見える時期:
1月1日〜8日、1月26日〜2月6日
満天の星 天体ではありませんが、月明かりがない晴れた日には満天の星を見ることができます。
満天の星が見える時期:
1月10日〜24日

・この他にもいろいろな天体を望遠鏡で見ることができます。見たい天体がある方は天体観望会でリクエストしてください。
・天体観望会の時間や料金、予約方法については「天体観望会」をご覧ください。

2023年注目の天文現象

これから起こる天文現象を紹介します。随時更新していきます。

日時 天文現象 内容
2023年
1月4日(水)明け方
しぶんぎ座流星群が極大 三大流星群の1つです。月が沈む1/4 4:00~5:30頃がおススメです。
注目度:☆☆
1〜2月 ZTF彗星(C/2022 E3)が見頃 双眼鏡で見えるほど明るくなると期待されています。
注目度:☆☆
3月2日(木) 金星と木星が大接近  宵の空で金星と木星が並んで見えます。
注目度:☆☆
3月24日(金) 月と金星が大接近 宵の空で月と金星が並んでみます。
注目度:☆☆
4月20日(木) 部分日食 石川県では見られませんが、日本の南の地域で少し欠ける部分日食が見られます。
8月12日(土)深夜〜13日(日)明け方 ペルセウス座流星群が極大 三大流星群の1つです。今年は
一晩中月明かりがないので好条件です。
注目度:☆☆☆
8月22日(火) 伝統的七夕 旧暦の七月七日です。
9月〜11月 土星が見頃
土星が見頃です。
9月21日(土) アンタレス食 さそり座のアンタレスが月に隠されます。
注目度:☆☆
9月29日(金) 中秋の名月 旧暦の八月十五日です。
10月〜2月 木星が見頃 木星が見頃です。
 12月14日(木)夜〜15日(金)明け方 ふたご座流星群が極大 三大流星群の1つです。一晩中月明かりがなく、極大時刻も15日未明のため最高の条件です。
注目度:☆☆☆

注目度 ☆  :まあまあの天文現象  ☆☆:見ごたえのあるの天文現象 
    ☆☆☆:大注目の天文現象

過去の天文現象はこちら